FC2ブログ

四国自動車博物館へGO!その1

日曜日は用事で急遽高知県高知市まで
用事が終わりちょっと時間があったので香美市の四国自動車博物館へ!

15年前に一度来た事あるんですがリニューアルされていました
早速場内へ
最初に展示されていたのはデロリアン!

この架装から推測するとド初期モデルですね

過去へ行った時に雷の落ちる時刻を知るためにダッシュボードに時計が置かれていました!
もし時計があれば改装されたモデル
ボンネットに日本製のマイクロチップがあれば未来へ行った時の改装
とまぁマニアック過ぎる話は置いといて・・・

ナンバープレートは
カルフォルニア OUT A TIME(出かける!)

展示されてる車は館長の趣味ですかね?
昔はクラシックカーが多かったんですが
こちらはロータスヨーロッパスペシャル!

エレンの雰囲気がありますね

ランボルギーニ カウンタック LP400

5000ccのLP500から4000ccへ改良後、量産されたLP400ですが量産といっても150台しか生産されてないんですね

チゼータV16T

ランボルギーニディアブロに似てるでしょ?
なんとこの車のデザインはディアブロを手掛けたマルチェロ・ガンディーニなんですよ
こちらの生産台数は15台とディアブロより貴重かも

フェラーリ ディーノ246GT

エンツォ・フェラーリの長男の愛称ディーノと名付けられた車

フェラーリ ディーノ206S

量産型のエンジンは横型ですがこれは縦型!
ボディタイプはクローズドが貴重ですがSなのでスパイダーです

アルファ・ロメオ ジュリアTZ2

フェラーリのようですがアルファ・ロメオ!
TZは100台ほど生産されたそうですがアルミボディからFRPボディへ変わった究極のTZ2
こちらも生産台数12台ととんでもない車ですね

フィアット2000アバルト スポルトスパイダーser2

こちらも2型からFRPボディになり乾燥重量は約600kg

ランチアストラトス

子供の頃にル・マンやWRCなど見てて一番目立ってた車!
特に4連フォグが特徴で今日フォグをまじまじ見るとシビエの逆ゾリでした

ロータスセブン

今でも買えるライトウエイト車!
それだけ人気が高い車です

アルファ・ロメオ ジュリエッタ スパイダーヴェローチェ

この頃のグリル廻からアルファ・ロメオっぽさが残っていますね
エンジンも1300ccとミニと張れる車ですね!

その2に続く

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

プロフィール

gin

Author:gin
*画像はクリックすると大きくなります

記事を参考にカスタムされる場合、自己責任にてお願いします。

違法改造を助長したり暴走行為を煽る意思はまったくありません。

ブログ記事について不都合がありましたら至急メールフォームより連絡下さい










メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示