FC2ブログ

たまにはメンテを!

11月も終わりますね!
もう年末なんですが今年もなんやかんやで早かった
さぁ色々と忙しくなるので一つ一つ頑張ります
先日はキャブ修理が入りました!

3年前にガンコート×メッキしたTMR
とても綺麗に使われているようで感謝
スロットルバルブの戻りが悪いようでVシールかな?

まぁ見ないと分からないのでとりあえずバラす!
Vシールは問題ないので洗浄して組立
ただ綺麗にし過ぎると必要な油分まで失ってしまうので補給が必要

スロットルバルブローラーの動きが悪いので潤滑油を添加するとバルブがスコスコっと!
まだまだ長く使えますように↓

メッキ部分もメッキングで磨いて返送
メンテナンスもやってますので気になる事はお気軽に連絡を

さぁ次はCRキャブのガンコート!

友は友を呼ぶのか?
必ずって言っていい程1台入ればもう1台入りますね
こちらのフロートはちょいとダメージが

オーナー様からはそのままでっと言う事なのでこのまま研磨だけしました!
もちろん耐熱パテを使って復元も出来ます

研磨してブラスト打ちましたが滑らかでしょうか?
こちらのキャブはブラッククロームでガンコート

ツヤツヤだと光の反射でちょいと白バケちゃいますが実物は 黒 ですので
もう1台はurushi blackでガンコート!
2台並べるとこんな感じ↓

black chromeはキラキラてツヤツヤでキャブ本体を主張してくれます!
urushi blackは漆黒のようで付属部品を映えらせてくれます

今晩は贅沢な晩ごはん!

つい先程まで海で泳いでいたシラスを漁師さんに頂いたので丼で
すくい漁法と言ってその名の通り集魚灯に集まったシラスをタモですくう漁法!
なので痛みやすいシラスですが痛みか少なく透き通った魚体でハリハリ
魚屋さんにいてもなかなか食べれない逸品です!

こうなります!

前回の続き!
武川のスペクラですがちょっと手が入っています

磨いてウレタンクリアーを塗ってるようで剥離に難儀します

結構厚塗りだったので時間かかりましたが綺麗に剥離!
ピカピカになった所で砂場に

からのブラストで足付け

あまり粗い砂だと仕上がりに影響が出るので半艶になったくらいでOK
下地剤を塗ってブラッククロームでガンコート!

ツヤツヤ希望でしたのでお望み通り
自分が満足しないと依頼者様も満足出来ない
こんなモノもガンコート!

久々にエアブラシで塗っては焼付乾燥させての繰返しでなんとか完成
本当に手間かかった

C70スーパーカブエンジンレストア最終章!
Before

After

完成です
純正より気品高く上品に

普通のシルバーだと安っぽく見えたりアチラ製に間違えられるので

このような純正風仕上げの依頼も大丈夫ですのでお気軽にお問い合わせください

リューター研磨!

先週末に届いた依頼品!

久々にノーマルのスペクラに前回に続いてCRキャブ
まずは小物をガンコート!

足付けして下地剤塗ってガンコートして焼付乾燥中にコレ↓

発送前にバラしていてネジがナメたようで更にドリルでもんで取れなくなって
こうなると地道にコツコツと···

なんとか外れました
ステンネジのようでそりゃドリルじゃ無理
その間にブラッククロームでガンコートしたポイントカバーが焼付乾燥完了!

Gクラとワンオフのカバーですが模様があればそう↓

削り出しです
が、今回は線が細い
うちのバフ機やと塗装面まで研磨して傷を付けてしまうのでリューターで研磨!
その結果は?

お見事!
細い線まで鏡のようにピカピカです
まぁ代金を頂く価値がないと意味がない

C70エンジンレストアも終盤!
腰上の組立に入ります

ヘッドはガンコートのガンメタルグレイ! 
シリンダーはセラミックコート!
あとはカバー類の色を悩むところ
ヘッドと同色か?
別色か?
とりあえず腰上を組みながら考える

C70用の腰上ガスケットセットがキタコから出ていました
そしてカバー類はクランクケースと同じスモークドスチールでガンコート!

そんなに違和感ないでしょ?

ヘッドカバーやタペットカバーも

希少なコブ付ヘッドですが見事に復活しました!
詳細はまた後日

博物館?

先日はちょっと?
いや凄い所へお邪魔して来ました
なんとレプコ ブラバムが!

博物館じゃないんですよ
個人所有のマシーン

こんなに近くで見て触れる事が出来るとは
他にもポルシェやサニークーペ、アルファやヨタハチなどその1台1台が半端なく創られていました
中でもホッとするエンジンが↓

ホンダS800のエンジンですが原型はバイクその物
これなら整備出来そうですがCVキャブからFCR35に変わっている時点で只者じゃないでしょうね
このエンジンが乗ってる800は↓

頂いたフォトのマシーン!
まぁこの業界の方なら知らない人はいないと思いますが凄いオーナー様でした
さぁ現実に戻ってお仕事
ガンコート依頼のCRキャブ↓

綺麗にバラされていてあとは塗るだけって感じですが···

バラされてる部品はメッキに旅立ちました!
なんと今ならメッキ加工期間が1ヶ月程度と早く出来そう
現在続々と帰って来ているので手が空いてるのかな?
って事で色々ブッ込みます!

C70カブエンジンレストアも組立

腰下を組めばもう終わったようなモン
オリジナルで組むか?対策部品を使うか?
ここか一番悩みますがやっぱり壊れないように現行品で!

シフトシャフトの先端が現行品の方が幅があって耐久性がありそう!

チェンジアームは型が少々違いますが構造は同じ
ですかここもあえて現行品に交換!
こちらも少々違いが↓

ギア数は同じなんですが重量が当時物の方が軽いのでこちらを使いました
今週は肩を痛めてあまり作業出来なかったので週末から頑張ろう

ちょっとした事!

北風ビュービュー吹いてます
とうとう冬突入 
前回耐熱パテで補修したジェネレーターカバーをガンコート!

猫さんは削り出してバフかけ
まぁいつもの事ですがちょっとこだわり注入!

溶接でネジ溝とシフトシャフト溝が潰れていたので切り直し!

まぁ見えない所なんですが気分の問題ですよね
最後に魂を注入!

目を黄色く輝かせて完成です

昨日は頂いた天然鮎を炭火焼き!

弱火でじっくり焼き上げました
ビール片手に頂きました!

しかも子持ちで
ししゃもより鮎の子持ちの方がかな~り美味しいんですよ

C70カブエンジンレストア!
ガンコートしたクランクケースに組み直し

ここでZやAB系のクランクケースの違いを!

ミッションシャフトの受けにニードルベアリングかありません
真鍮と思われるカラーか圧入されています!
ここは改良されてベアリング式になったんでしょうね
ケース上部に圧抜きニップルがない↓

言わいるブローバイガスが抜けません!
なのでオイルシールの至るとこからオイルが滲んでいたのでしょうかね?
ミッションを全バラ洗浄からの銅ワッシャー交換

意外と奇麗なミッションで違和感があるくらいです
いよいよコイツの出番だ!

長期在庫になっていた6V用のガスケット
使う機会が来て良かった!
これでまた新しいガスケットを在庫

トラス!


土曜日は不慮の事故が起きまして
と言っても家の隣の用水路に転落して左肩打撲+スマホ破壊
買ったばかりのスマホが痛いが体も痛いのでしばらく休業!
って訳にはいかないので少しづつ頑張っています
とりあえずこんなモノを!

こんなモノってトラススイングアーム
ワンオフのアームを更に加工してガンコートにやってきました!
見てるだけでもドキドキするアームを下地処理

意外と大きくてうちのブラスト釜でなんとか
下地剤を塗ってガンコート!

urushi blackで塗り塗りしました
ウレタン塗料とは違って瑞々しいでしょ?
エキセントもガンコート!

指定色がシャンパンゴールドって言われて昔の携帯電話Pシリーズを思い出す
しかしシャンパンゴールドの濃淡って結構幅がありますね
とりあえずニッサン180のボディカラーに寄せました

しかしかっこいい!
本当にかっこいい!
部屋に飾って置きたい
こちらも完成が楽しみです

C70カブエンジンレストア!
脱脂したクラッチカバー類をブラストからのガンコート

ブラスト後の画像が見当たらないんですが
とりあえずガンメタルグレイでガンコートして更にマスキング!

ちょいとオシャレに

クジラカバーと言われているのでクジラっぽくフィンをサティンブラックで
クランクケースもブラストで綺麗に

からのsmoked steelでガンコート!

直訳すると
燻した鉄色 
と、ちょっと変わった色ですが面白い仕上がりです

ハンドル!

急に寒くなりましたね
と言っても11月も中旬ですから当たり前なんですがね!
今週からやっと普通営業に戻りましたので依頼品をサクサクやってます
まずはコレ↓

ハートで萌え萌え
見た事あるハンドルでしょう?
140power製のハンドル
ステンレス製なのでブラストで足付け!
か、ら、の、

ガンコート!
urushi blackで艶々
140powerさんでハンドル制作する際にはガンコートも出来ますのでお申し付け下さい

エンジョイに間に合わなかった部品↓

フォークのアジャスターノブですが何に使うかと言うと•••

燃料コックに取り付けてカスタムアップ
実は元々取り付けて居たんですがエンジョイ前に無くなっていることに気付いて
ようやく取り付ける事が出来ました
しかしフェンダーとヘッドのクリアランスが絶妙!

ネックを伸ばして居ないのでこのタイト感が出せるんですよ
もちろんフロートフォークはリジットですがインナーパイプか動かないように強化しています!

C70のレストア
腰下をバラします

オイルが個体になるほど時が流れたのが良くわかりますね
クラッチカバーを外します!

オイルの跡がくっきり
ってか入れ過ぎではないのか?
久々にロータリークラッチバラします!

が、いきなりネジが外れない

ショックドライバーで外していたんですがナメナメしちゃって
ドリルでネジを揉んでるとカバーまで割れてしまいました
まぁ部品はいくらでもあるので問題ないんですがトルクネジを外すと↓

クラッチ盤がバラバラでした
これが壊れて乗れなくなったので廃車になったんですね
ここは武川の強化品を使おう

追加加工!

時系列を逆上って、
先週土曜日は再びナイター作業!

最近寒いので作業効率悪い
暑ければ暑いでまた悪いんですが
前回間違って届いた水温計が来ました!

やっとこれで揃った
メーターはサクっと取り付け出来ますがセンサー部分を小細工↓

まぁミニに乗ってる人ならわかるんですがサーモスタットの台座を加工します
ばらして良かったのがサーモを固定してたネジ↓

かな~り腐食していたのでステンレスに交換しました!
先程の台座に1/8NTPのタップを切ってセンサー取り付け

これでセンサーアダプターを買わずに安く出来た!
まぁ純正メーターにも水温計はあるので補助みたいなモンなんですが格好いい
ついでにタペットカバーの取り付けネジ部分からオイルが漏れていたのでパッキン交換

結構潰れていました
エンジンかけて作動確認!

ナイター作業なのでイルミの確認もばっちり!
これでMillky wayに間に合った
ただまたまた問題が発生しましたがこれは帰ってから

日曜日は今治市向けて出発
途中松山市の会社に寄って海上保安庁の巡視船が来てたので↓

国境警備に行く船なので大きいですが搭載されていたモーターボートのエンジンも大きい
更にこちらも会社近くの三津の渡し船!

対岸まで100mくらいかな?
市営の船で無料で利用出来ます
今治市のタオル美術館手前でひまわり畑を発見!

地域の方々がお世話をしているそうでまさに満開でした
Millky wayの会場 タオル美術館 に着いて嫁さんと海優は美術館へ

楽しかったそうですよ!
自分は行ってないんですが

さぁ車見てお勉強!
会場にあったスーパーセブンのインパネ↓

スミスの追加メーターか並んでいますね
ただ自分のインパネ周りと何かが違う?
やっぱりトグルスイッチですね

Millky way2019!

日曜日はMillky wayのミーティングに行って来ました

今回は今治市のタオル美術館だったのでちょっと遠かった

しかし参加台数は多い

100台近くのヒストリックカーがずらり
気になった車両をちょこっと紹介!
まぁ気になると言っても乗ってるミニが一番気になるもんで
こちらはライレーエルフ

ミニをベースに作られた車ですが最近かな~り気になるんですよね
しかし今回はミニが多い!


色々な年式や仕様が見えて勉強になりますね
ポルシェも結構いましたよ!

911と言えばポルシェの代名詞
最近湾岸ミッドナイト読んでいてポルシェも気になりますね
さらに古いこちらは↓

356!
ボディラインが美しいですね
そして初めてみたポルシェ↓

904
[アマチュアレーサーがレースコースへ自走していけるスポーツカー]
FRPボディでまさしく流線型
上部エンジンダクトからキャブが見えていました
こちらも初めて見たマトラ!

M530でよいのかな?
勉強不足ですいません
こちらはBMWらしい02

こどもの時にマルニのプラモデル作ったの今でも覚えています
まさしく羊の皮を被った狼
国産のヒストリックカーだって現役!

フェアレディのSRが一番好きです

インパネのラジオが縦置きなんですよね!
この縦置きの車はSRだけじゃないですかね?
やっばりハコスカ↓

4枚のハコスカがシブい!
エンジンフードが開いていたので覗いて見ると

綺麗なエンジンルームですね!
昔ジャパン乗っていましたが同じL20がこんなに綺麗で
ただタペットカバーのブローバイ取り出しがそのまま大気開放なんですかね?

1日ヒストリックカーを堪能しました!
病気が発症する前に帰ってると目の前にブラックバード

悪魔のミニで

連勤最終!

今週は連勤で休みなく依頼品もやる間無く
先月はエンジョイ優先で作業したので未だに溜まってしまっている部品をちょっとづつ
こちらはちょいと下地作業に時間が掛かりそうなので先に!

ジェネレーターカバーにマーシャルのプレートを溶接加工
最近は定番ですがアルミの溶接はどうしても巣穴が↓

小さな巣穴であればガンコートサフで隠せるんですがここまで大きいと•••

耐熱パテで処理します
本業が忙しいのでよーく乾かせて起きます!

某所では鉄スクーターをレストアしてます

富士重工のラビットですがいいですね
自分も持っているんですがなかなか時間がない
今週は会社の都合で6連勤

朝8時から17時までと言う仕事じゃないんで
家にいるよりトラックに乗ってる時間が長いと言う長距離運転手じゃないのに
まぁ3Kの見本です!

C70エンジンレストア!
いきなりかい?と言われたらいきなりなんですがヘッドを塗り塗り!

ガンメタルグレー
今回はこの色を中心に塗って行きます
シリンダーは久しぶりにこちらを↓

セラミック塗装しました
こちらは焼付乾燥ではなく自然乾燥!
ただ完全硬化まで3日以上かかるので塗ったあとはしばらく放置

これが3日の状態!
固まっていますね
次は腰下をばらしていきます

コイルなど意外と綺麗なのにビックリ
ただココがね~

オイルシールからオイルもれ
このエンジン オイルシールからよくオイル漏れか見られるんですが•••
後々原因?が発覚!
これはまた今度で

| NEXT>>

プロフィール

gin

Author:gin
*画像はクリックすると大きくなります

記事を参考にカスタムされる場合、自己責任にてお願いします。

違法改造を助長したり暴走行為を煽る意思はまったくありません。

ブログ記事について不都合がありましたら至急メールフォームより連絡下さい










メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示