FC2ブログ

リビルト

前回の続き!
最終部品が届きましたよ

バルブはもちろん、ハイカムと強化スプリングまで
早速作業にかかります。
まずはこれ

新品のバルブなので当たりが無いので

ミニにタコ棒使って擦り合わせします

綺麗に当たり面が出ましたよ

そのバルブを強化スプリングで組み込み

燃焼室はオイルでドロドロでしたが甦りました
もちろん各所の面取りもおこなっております
ハイカムも

ピストン同様にFrixtion HYPER#7を塗って挿入

最後はヘッドを取り付けてタペット調整


やっと出来ました


中身の消耗部品はほぼ新品なのでリビルトエンジンになったような…
あとはオーナーさんが 綺麗に磨き!ですね


今晩はコレで

キハダマグロのハラモを炙りで
明日からGWですね

たまには熱帯魚

ダックス70から摘出したヘッドをバラします
見た目は結構ヨレてますが…

残念ながら中身も…

オイル下がりしてたようですね
バルブシールは要交換!
燃焼室はまぁ磨けば綺麗になるのでOKなんですが…
しかし磨けば更に粗が出るわけで

EXバルブが逝かれておられました
新品バルブ待ちですが来たら擦り合わせしなくては

こちらも来ましたよ!

武川レギュラーヘッド用ピストンキット
結構お高いんですね

コンロッドにピストン取り付けてカムチェーンも強化品に

バルブが来るまでちょっと磨き!

錆びたローターを

綺麗に磨きましたよ
これだけで速くなった気がする

今日は熱帯魚の話!
混泳についてよく質問されます

90cm水槽に混泳は非常に難しい大型肉食魚を混泳させています
一番大きい魚はアストロ約30cmで6年飼ってますよ
それにレッドオスカー25cm、15cm
アルビノアストロ10cm
ピラニア10cm2匹
ダトニオ15cm
オレンジスポットプレコ15cm
もちろん稚魚から飼い始めますが混泳はここがポイント!

稚魚は先住魚の行動をよく見ています!
弱肉強食の限られたスペースの中でどのように生きていくか考えているようです
稚魚の時は石などで隠れ家を作ってあげてますが隔離はしません。
この時に☆になる個体は隔離して大きく育てて混泳させても☆になります
同じ環境で成魚と稚魚を飼うとやがて仲間か?親子か?のようになってます
こうなると隠れ家を徐々に減らしていきます!
ちなみにセパレートで仕切って飼うと外した瞬間イザコザがはじまります
文字通り魚たちにも隔たりがあるようです

*これは混泳させる方法ですので

特に餌に関しては

人工飼料に懐きにくいダトニオも食べるようになります
うちでは活き餌は絶対与えません!
人工飼料しか与えませんが最初はどの魚も食べません
ダトニオに関しては1ヶ月は食べませんでした。
魚は自然界では毎日餌を食べていません!
季節によっては餌がなく激やせした魚がいます。
餌を食べないからって心配する必要はありません
いずれ先住魚の食べてる人工飼料を口にします
食べないからと言って活き餌をやると終わりです
水槽内の秩序が崩れて混泳出来なくなります

基本的には混泳は好ましくないと思います!
自然界では喰うか喰われるかの死闘が繰り広げられているのですからね
人間のエゴで鑑賞魚として混泳させるのですから魚にもストレスなく、
何時までも綺麗な姿を楽しめる環境作りに専念しなければなりません

強化品

土曜日は用事で高知市まで
なので空いた時間はわんぱーくこうちへ

市営アニマルパークですが入園料無料なので気軽に寄れるのが魅力

早速 会長の親戚に挨拶!

凛々しい顔付きでお出迎えされました
こちらにもチビライオンが…

ガオーッと威嚇しております
高知と言えばアンパンマン!

至る所にこのようなキャラクター像が見受けられます

家に帰ってこちらも

クランクケースを修正したエンジンを洗浄組立します

オイルポンプは新品の武川強化ポンプへ!

クラッチもデイトナの新品を投入
これで腰下は完成

預かってたもう一台の6Vエンジンを分解!

ダックス70エンジンなのでヘッドとクラッチカバーを12Vに移植します

刻印E9ヘッドなのでピストンを武川レギュラーヘッド用を注文
更にハイカムと強化スプリングを入れてパワーアップさせますよ

穴埋め

前回の続き!
エンジン全バラしていますがまたまた問題が…
ジェネレータベースのネジをショックドライバーで緩めてると

ビットが折れちゃいました
しかも折れた先がネジに噛み込んで抜けない
仕方なくドリルで周りから攻めて

外れました
皿ビスをナメたらあきませんよ!

サクッと全バラ

譲ってもらったエンジンだそうで中身を確認

オイルポンプは武川が入っていましたよ

クラッチはメーカーがわかりませんが3ディスク強化クラッチです

ミッションは純正でした

今回オーバーホールする最大の問題点!

ネジの締めすぎで恐らく貫通した部分
アルミの鋳物ですがTIGで穴埋め

素人なもんでちょい盛り

からのリューターで削って成形して直りました
溶接も 慣れ なので沢山やらなければ上手くなりませんね!

只今ムック号はこれに向けてリメイク中

昨年 地震で中止になったFTW!
熊本での開催は難しいそうで福岡県北九州市で開催
あと1ヶ月後ですがなんとかFINALにふさわしいダックスに仕上げます
前夜祭は大分でまったりと…

代替え品

月曜日は横型エンジンを2台預かり

6Vと12Vなんですがニコイチエンジンにします
ベースはこちら12V!

キタコのシリンダーが入っているようですがとりあえずバラします

ノーマルヘッド用のボアアップキットのようです
問題はこちら↓

クラッチレリーズが目くらカバーされてるんですよね
こちらもバラしてみると

普通のマニュアルクラッチです
なんだったのかな?

ここで待ちに待った部品到着

ホーロー抵抗!
あのレトロテレビの部品です
タマオームさんに代替え品を作って頂きました
こんな趣味にお付き合いありがとうございました
早速 取り替え!

少々大きくなりましたが完了!

台座にも違和感なく収まりました
んでスイッチオン

治りました
綺麗に砂嵐画像でましたよ
次はRF端子からAV端子へ交換です

登城

土曜日は予定通りホイールのガンコート!

下塗は4枚同時です
上塗りは1枚ずつ塗っていきます

どうですかぁ?
艶っとしましたよ
前回塗ったハブを組み合わせると

こんな感じです
半艶のハブが艶々のホイールを映えさせてくれます

夜は漁協仲間で飲み会

親子ほど歳が離れていますが…
愛南町から車で50分 宇和島ではじけちゃいました
帰りは車で爆睡

日曜日はちょっとお出掛け

大洲城の見学に行って来ました
何故か列車に向かって旗ふり

観光列車をおもてなしだそうで
鉄橋の上をゆっくり走って行きました
もちろん天守閣の最上階まで上がりましたよ

大きな梁で組まれていますね

ただ城内は殺風景で…
しかし新築だけあって綺麗な御城でした

端午の節句前に

鎧兜と一緒に記念撮影

今週もがんばりますよ

今週は天気も良くアッと言う間に1週間終わりました
昨日は仕事で配達に出掛けると凄いホイール発見!

花模様のホイール
しかもカバーではなくアルミっぽいですね
バイクにも流用出来るかな?

これもやっと塗り終わりました!

こちらはあえてサティンブラック

アルマイトのちょっと艶ありくらいです

メーターギヤの全バラはしびれますよ
無精してそのまま塗ると焼き付け乾燥中にグリスが溶けて出て来ますからね

この半艶ハブが次に塗るホイールを引き立てくれるハズです
そのホイールも

下準備OKです
週末に出来るようにがんばります

こちらも出来ました

まるで漆塗りのようなキャブレター
ソリッドブラックなんですがキャブレターには初めて塗りました
調合で色は色々作れるのでオリジナルカラー出来ます!
ちなみにこのカラーは調合品ですので既製品ではありません
FBでも紹介していますが
URUSHI Blackと命名しております

他ではここまでガンコートで艶出せないと思いますよ
前にも言いましたが普通に塗るのは当たり前で、
付加価値付けてこそプロフェッショナルなんですよね

これも

CRFのステダンも完成です!

この調子で来週もがんばりますよ

ガン手入れ

先週から久々に風邪をひいてたんですが回復
ただ天候が悪く塗りにくい日が続きます
なので塗装ガンの手入れ!

いつも綺麗に洗ってるんですがバラすと汚れてますね

シンナーに一日浸けて洗浄!

Oリングを交換して組立!
これで気持ちよく仕事出来ますよ

夜はいつものようにご飯食べに行ってましたが…

久々に場末のスナック回りが始まり気付いたら午前様
毎年行ってたツーリング旅行に今年は山陰方面に行こうかと盛り上がってしまいました
まぁツーリングと言う名目の場末のスナック回りなんですがね

昨日は海優が幼稚園の入園式でした

こちら愛南町では桜満開卒業式なんですが今年は桜満開入園式でした
長男は保育園だったので幼稚園は初めて!

これも届きました

CRキャブレターとステダン!
もちろんガンコートしますよ

サクッとばらして準備!
CRキャブレターはここが難点

ボディをよく見るとザラザラなんですよね
塗る前にある程度取り除くんですがそれでも少々残ってしまいます
シルバーのままでは目立たないんですが色を入れると目立つ時があるので

オーバーホールした塗装ガンで

気持ちよく塗れますよ

体調不良

金曜日から体調が悪くて
作業が詰まっていますがお休み頂きました

こちらもあとはベアリング抜いてマスキングすればいつでも塗れます
こちらは塗装を剥離!

かなり厚塗りされてますが…

とりあえず剥離までは終わらせました

水槽も掃除の日でしたが何も出来ず…

アストロ、オスカー、ピラニア、ダトニオと肉食魚の多頭飼い
これは凄い事なんですよ

夜はちょっとお出掛け

お子様ランチを全部食べてどや顔
彼も明日11日は入園式です

暖かくなったのでイチゴもどんどん花が咲いています!

早く実がなって欲しいですね

昨年末に頂いたパッションフルーツも

やっと土に付いて新芽が出ました
今年はこれで日差し対策しますよ

さぁ今週もがんばりますよ

カーボン調

前回マスキングしたシリンダーヘッドをガンコート!

ヘッドはブラッククローム
シリンダーはサティンエクセレントグレー
これにメッキカバーが付くので言うことないですね

クラッチ、ジェネレターカバーはブラッククローム

他に真似できない艶々仕上げです

しかしクランクケースはと言うと

サティンブラックでミスト状に塗って鋳物風仕上げ
ケースの当り面はオイルストーンで研きます!

塗装膜が薄いので軽く面取りする程度で
これを組み合わせると

どうですか
カーボン調になりましたかね?
塗るのは簡単なんですが付加価値は経験と知恵が物を言います
今月号のモトモトにガンコートについて記事があります!

ただ記事に間違いが!
傷に弱いと書かれていますがこれこそ塗り方です
ホイールやスイングアーム、フロントフォークも何本も塗っていますが
飛び石などに強くブレーキオイルなど薬品にも負けません!

ガンコートの説明でも
アメリカ軍の指定塗料でもあるKG GUN-KOTE は、9Hという圧倒的な表面硬度を誇り、驚異の耐薬品性と高放熱効果を兼ね備えた次世代のコーティングです。

正しく施工されないと性能発揮されません!

ちなみに

同じくモトモトに自分がガンコートした宮田氏のモンキーも出てます
是非参考にお願いします

シートもチェリーオートさんに発送

アルカンターラ風だったのでエクセーヌ(本物)に張替します

何気なく会長をパシャリ!

やっぱり老け込んでる
今年16歳
人間で言うと80歳
そろそろ庭に穴でも掘るか

| NEXT>>

プロフィール

gin

Author:gin
*画像はクリックすると大きくなります

記事を参考にカスタムされる場合、自己責任にてお願いします。

違法改造を助長したり暴走行為を煽る意思はまったくありません。

ブログ記事について不都合がありましたら至急メールフォームより連絡下さい










メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示